好きな人とLINEを長く続けたい…会話がなくなった時のLINEテク

LINE

2020.04.11

好きな人とは長くLINE続けたいものだよね。

もう会話の内容なんてなんでもいいし返事が来るだけでもうワクワクなんかしちゃってさ。

ただ本当に会話する事がなくなって、そのままスタンプの応酬になってフェイドアウトしていくなんてパターンが多い事多い事…

そうなってしまう原因と解決策を紹介するね。

 

1話題をどれだけのばせるか

まず、LINEがすぐ話題が尽きちゃう原因として

シンプルに1日に高頻度でLINEしまくってる事なんだよね。

会話なんて限られてるわけだし高頻度でLINEの応酬してたら、そりゃ会話なんてすぐなくなりますよね。

 

極端な話さ、1日で終わる会話でもゆっくり3日かけて話することもできるわけじゃん?

その3日の中でまた新しく起きる事もあって、それが会話になって…その繰り返しをすれば長くLINEも続けられるし会話だって困らないわけだ。

 

例えば、今日行ったお店がとってもよかったっていう話だって

場所や感想を完結に送ったら速攻終わってしまうわけで

 

まず、〇〇(食べたもの)って好き?

から初めて、相手の感想やおすすめのお店を聞いたりと話を進めていけば

かなりやり取りは膨らむはず。

 

それを間髪あけずに見たら即レスとかしちゃうと彼もすぐ返さなきゃいけないプレッシャーで

早めに終わらせたいなって思ってしまうかもしれないから

1日に多くても8ターンくらいに留めて、しれっと日が変わっても同じ話題を続けたり

新しい話題にすり替えていくことも長く続けていけるテクニックになるかな。

 

焦らずゆっくりを心掛けてみてね。

 

2.流れに沿った質問

それに加えてだけど、話の流れに沿った質問を入れてく事かな。相手に関する事が理想。

そうすると向こうが質問返ししてくる機会も与えるわけで、自然と会話量も増える事に繋がるからね。

ただ注意として話の流れぶった切る質問はNGね。1度や2度なら大丈夫だけど、何回も話の流れぶった切る質問してると尋問みたいになる。

 

好きなアーティストは?に対してバンド系だよって来たとしたら

おすすめの曲は?とかライブって行ったことあるの?

とかまつわることの方が話は続くよね。

自分があまり得意な話じゃないからといって、アーティストのこと聞いたのに次のボールでは

昨日は何してたの?

とか唐突すぎてそれこそ一問一答スタイルになってしまうよね。

 

これは普段の会話にも言える事で盛り上がらない原因にもなるからさ。

 

スタンプの送り合いはNG

スタンプって終わりの合図っぽく思ってる人も多いから

安易に使わない方が会話を続けるっていう点ではいいかもね。

それか、ネタ系のスタンプ(引かれない程度の)とかならいいかも。

長文で送ってこられても返信に困るので

出来るだけ会話をするように軽い感じで送るのがいいと思うな。

 

LINE不得意な人もいるからね

会話したい気持ちはわかるけど

無理やり伸ばすのもちょっと違うから、一番は会う約束をLINEでするっていうのが一番なんだけどね。

あとは連絡が得意不得意ってあるので、彼の性格上どうなのかはちゃんと判断してあげてね。

授業一覧

誰でも

生徒限定

fasmeレンアイ学園の
講師に恋愛相談しよう!

特別講義申し込み

学園紹介